最近、墓じまいと言って、お墓を閉じてしまう閉眼供養の法要が増えています。

従来は、亡くなると先祖代々のお墓に葬られて、子孫の誰かが供養してくれる・・・というのが一般的な考え方ではなかったでしょうか。

しかし、核家族化や他人との人間関係の希薄化していくなかで、先祖代々維持管理してきた墓を、後継者がいなかったり、いてもお墓の維持管理を期待できないことから、事前にお墓を閉めてしまうことを、「墓じまい」といいます。

また、いつの間にか、管理する後継者が絶えてしまい「無縁墓」になるケースが増えていると聞きます。

僧侶派遣全国ネットでも、最近、墓じまい法要をお受けしますし、実は今日もこれから、墓じまい法要を行います。また、全国永代供養墓ネットでも、お墓がないので永代供養墓に納骨したいというお話が、今までの主流でしたが、「最近は墓じまいするので、お骨を永代供養墓に納めたい。」というご相談をよく受けるようになりました。

理由は、お子さんがいなかったり、いてもお嬢さんで他家に嫁いでいて、お墓の負担を負わせたくないということでしょうか。

次に、よくご質問を受ける墓じまいと永代供養墓への合祀について、ご説明します。ご存知かもしれませんが、墓埋法「墓地、埋葬等に関する法律」という法律があって、お墓というより、お骨の取り扱にには、所定の手続きが必要なのです。

  • ①お墓のある霊園の管理者に、埋蔵証明書をもらう。
  • ②受入先の永代供養墓(合祀墓)の管理者に、受入証明書をもらう。
  • ③墓地のある市町村に、改葬許可証を発行してもらう。
  • ④お墓を開けてもらってご遺骨を取り出す。
  • ⑤お墓を更地にして霊園の管理者に返す。
  • ⑥永代供養墓に埋葬する。

という、流れになります。ここで注意点が2つあります。寺院墓地の場合、檀家さんが減ってしまうことになるので、お寺とトラブルにあることがあります。

ご住職とよく相談することです。次に、合祀は他の方とご遺骨が一緒になるため、一旦納骨するとご遺骨を戻すことができません。この2点はしっかりと押さえておきましょう。