妙行寺の永代供養墓(京都府船井郡)

林證寺(三重県いなべ市)

建立は天正2年、京都にあります本山頂妙寺の直末の法華道場として開かれました。開山実相上人は天台宗比叡山横川にて法花経を学んだ修行僧と伝わりますす。その後、縁ありて父、田畑与助の尽力により山之内庄井尻村に当山を建立し法花のお寺として信仰をあつめました。近隣に能勢の妙見さまがあることから妙見信仰が盛んになり、当山にも能勢型の妙見大菩薩さまを勧請し五穀豊穣、交通安全、眼病平癒の祈祷寺として栄えました。
現在は、九識霊断法による人生相談のお寺として活動し家庭内のさまざまな悩みを相談できる温かな環境を整えてみなさまに親しまれております。また宗旨や宗派を問わず仏事相談をうけるお寺としても活動しております。寺内に妙見大菩薩堂、永代供養墓、永代納骨堂、位牌供養堂、水子供養堂、ペット納骨供養塔、人形供養塔を整備しております。

霊園の情報

所在地 京都府船井郡京丹波町井尻コハケ谷2
アクセス
運営・管理 妙行寺(みょうぎょうじ)
宗教・宗派 日蓮宗
墓地の形態 合祀墓

アクセスマップ

Follow me!