仏教の葬儀について

わが国のお葬式の9割以上は仏教式で行われており、通夜から葬儀式、告別式そして火葬とつづく葬儀の流れは、概ねは定式化している。しかし、日本の伝統仏教にはいくつもの宗派があり、それぞれの宗派によって祭壇飾りや席の配置から作法、儀礼、そして読誦されるお経にも違いがある。

同じ仏教でも宗派によって葬儀に違いがある理由は、それぞれの宗派の教義や宗旨によって、葬儀の意義や葬送の作法が異なっているためである。それは、その宗派が説く仏教的な世界観や死生観の違いといえる。そのため、遺族として仏教式で葬儀をされる場合には、故人が帰依していた宗派、あるいは菩提寺が属する宗派によって葬儀をしなくてはならない。

また、その宗派における葬儀の意義づけや葬送の儀礼や作法が意味するところついてもある程度知っておくと、通夜や葬儀の場において何が行われているのかも分かり、故人を送る想いがより深いものになるのではないだろうか。

仏教は古代インドでブッダ(釈迦)の教えとして起こった宗教であり、日本には6世紀半ばに中国から伝わったとされている。中国における仏教は、大乗仏教という古代インドの改革派仏教の流れを受け継いだもので、当時から多様な宗派が興っていた。日本に伝えられたのも、この大乗仏教としての中国諸宗派の仏教で、以後1500年、日本の仏教も各宗派を核として布教教化が重ねられ、今日に至っている。

葬儀は宗教と切り離しにくいもので、葬儀の多くは宗教者が主導する宗教的儀礼として行われる。宗教が違えば、葬儀の形式や手順も違ってくる。また同じ宗教でも、宗派によって作法などが違ってくる。そのため葬儀は、故人の信仰や菩提寺が属している宗教や宗派の宗教者、儀礼や手順によって行わなければならない。

たとえば仏教式の葬儀であっても、菩提寺がありながら、その寺とは違う宗旨・宗派で葬儀をしてしまった場合、菩提寺のお墓に入れなかったり、本来の宗旨宗派で葬儀をやり直さなければならなかったりすることもあるのだ。したがって、ふだんは宗教や信仰を意識することがなくても、いざ葬儀というときには、故人や自分の家の宗教・宗派について把握しておくことが必要である。

Follow me!