お布施の渡し方

お布施とは

お布施とは、葬儀や法事の際にお寺や僧侶へ渡す金品のことをいいます。

しかし、お布施を渡したことがないという方も多いかもしれません。お布施は、包む金額で悩むことも多いと思いますが、渡すタイミングやマナーについて分からないということも多いのではないでしょうか。
 

お布施の包み方

お布施は、奉書紙で包むか、白無地の封筒に入れます。奉書紙とは厚みのある和紙で、奉書紙で包む作法は最も丁寧な方法ですが、「お布施」などとプリントされた市販の白無地の封筒に入れても問題はありません。

奉書紙で包む場合は、中包みか中袋にお札を入れてから、奉書紙で包みます。封筒に入れる場合には中袋は必要ありません。また、地域によって異なりますが、お布施はお寺や僧侶に対して渡すものであり、相手に不幸があったわけではないため、一般には水引は必要ありません。しかし、市販のもので水引が付いている場合はその封筒を使用しても構いません。
 

お布施の表書き

仏式、神式、キリスト教など宗教によってお布施の表書きは異なります。一般に「御布施」や「お布施」と書きますが、何も書かずに空白のままでも構いません。御香典の場合には薄墨を用いますが、お布施の場合には薄墨ではなく、通常の濃い黒墨を用います。お布施はお寺や僧侶に対して渡すものであり、相手に不幸があったわけではないという考え方からです。

・仏式の場合→お布施、御礼、読経料、御回向料
・神式の場合→御祭祀料、御礼、御神饌料、御榊料
・キリスト教式の場合→献金、御礼

表書き下段には、「○○家」と施主の姓を書くか、施主の氏名を書きます。
また、奉書紙で包む場合は中包みか中袋に、住所、氏名を記入します。封筒の場合も裏側に住所、氏名を記入することがありますが、一般的には書かなくても構いません。金額についても一般には書く必要はありませんが、記入する場合は、漢数字は旧字を使用すると丁寧です。
 

お布施のお札の入れ方

一般的には、新券を用意し、封筒にお札を入れる際は、お札の肖像画が最初に出る向きにして入れます。ただし、葬儀の場合など急な場合は新券でなくても構いません。地域によっては、封筒にお札を入れる際、お札の肖像画が最後に出る向きにして入れる場合もあります。
 

お布施を渡すタイミング

お布施を渡すタイミングに決まりがあるわけではありませんが、葬儀や法要が始まる前や終わった時に渡すのが一般的です。

葬儀の場合

葬儀の場合は、僧侶が葬儀場に到着すると、葬儀社が僧侶を控室に案内し、僧侶の到着を知らせてくれるため、葬儀の前に控室で僧侶にご挨拶をします。後になって渡し忘れてしまうことがないように、その際一緒に渡しておくとよいでしょう。しかし、ご挨拶のみでお布施を渡す時間がない場合は、葬儀終了後にお布施を渡しても問題ありません。

「本日は、(故人のお名前)のためのお勤めをよろしくお願いします。些少ではございますが、こちらはお礼です。どうぞお納めください。」

「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きありがとうございました。おかげさまで無事に葬儀を執り行うことができました。些少ではございますが、こちらはお礼です。どうぞお納めください。」

などのお礼の言葉とともにお布施を渡しましょう。

法事法要の場合

合同の法要の場合は、寺院の入り口に受付が用意されていることもあるため、その場合はお寺に入る際に、受付にお布施を渡します。特に受付が用意されていない場合や個別の法要の場合は、僧侶にご挨拶をする際にお布施を渡しましょう。法事法要が始まる前にご挨拶ができる時間があれば、その際に、法事法要が始まる前に時間が取れなかった場合は、法事法要を終えてから渡します。

「本日は、(故人のお名前)のためのお勤めをよろしくお願いします。些少ではございますが、こちらはお礼です。どうぞお納めください。」

「本日は、お心のこもったお勤めをして頂きありがとうございました。些少ではございますが、こちらはお礼です。どうぞお納めください。」

などのお礼の言葉とともにお布施を渡しましょう。
 

お布施の渡し方

お布施は、お盆の上にのせて渡すか、袱紗(ふくさ)から取り出して渡します。お布施は直接手渡すのではなく、お盆の上にのせて渡すのが一般的な作法ですが、お盆が用意できない場合は、袱紗(ふくさ)から取り出して渡しても構いません。僧侶に渡す際に袱紗を開いてお布施を取り出し、袱紗の上にお布施をのせて、僧侶に渡します。
 

袱紗の色

弔事では、袱紗は、紺や深緑、グレー、紫などの暗い色が一般的です。ちなみに、紫は慶事・弔事のどちらでも利用できるため、1枚あると便利です。袱紗が無い場合は小さなふろしきやハンカチで代用しても構いません。
 

袱紗の包み方

袱紗は弔事の包み方をします。ダイヤの形になるよう袱紗を広げ、中央よりやや右の方にお布施を置きます。最初に右の角を中央へ折り、下の角、上の角、左の角の順に折って包みます。最近では、包む必要のないケースタイプの袱紗も増えています。

お布施の渡し方については地域によっても違いがあります。また、いざとなると分からなくなってしまうこともあるかもしれません。しかし、作法やマナーを気にしすぎる必要はありません。何より大切なことは心を込めて感謝の気持ちを伝えることです。

Follow me!