精進落とし

初七日って?

亡くなった方が、極楽浄土へ向かえるように、亡くなった日から数えて7日目に行う法要の事を「初七日」の法要といいます。

読み方ですが、「しょなのか」または、「しょなぬか」と読みます。

亡くなってから七日目は、故人が三途の川のほとりに到着する日ともされています。
 

これからどこに?

故人が生前の行いによって、激流をわたるのか、急流をわたるのか、穏やかな川をわたるのかエンマさまに裁かれる大切な日とされ、見送る者は、亡くなった方が、小川のせせらぎを聞きながら、ゆるやかな緩流を渡れるようにと願って法要をします。
 

お葬儀と一緒に

現代では、お葬式の当日に初七日法要を一緒に済ませる「繰り上げ初七日」も多くみられます。

その場合は、後日の初七日に当たる日にご遺族で個人のご冥福を祈り、お焼香をするようにしましょう。

そして、故人の好きだったものをお供えしましょう。
 

精進落しは

初七日法要や火葬が終わると、精進落としの食事をします。

精進料理とは、仏教の教えの中で贅沢な食材を省いた食事のことをさします。

また、故人の亡くなったあとの殺傷を避け、肉や魚を食べないためとも伝えられています。
 

現代の精進落し

初七日の間は、精進料理を食べた習わしがありますが、現代ではそういった食生活は難しいため、通夜や告別式の時のみのことも多いようです。

が実際には、お寿司、てんぷら、お刺身といった、ふつうの料理が振る舞われますよね。
 

気持ちの上で

食事の内容はともかく、亡くなった方の思い出話などをしながら、なごやかに過ごしたいものです。

精進落としは、遺族が僧侶や親族をはじめ、葬儀でお世話になった方へのいままで、お世話になりましたと、お礼の意味合いが強いです。

Follow me!